コーヒーの基礎知識

【新常識】コーヒーは健康に悪い?→いえむしろその逆でした

コーヒー 健康に悪い

コーヒーをよく飲む人にとってコーヒーが健康にどんな影響を与えるか、気になりますよね。

僕もコーヒーが大好きで頻繁に飲むので、気になって調べてみました。

ネットで調べてみると、

「コーヒーは健康に悪い」

「コーヒーを飲むと太ってしまう」

などあらゆる情報があり驚きでした。

そこで本記事ではコーヒーが健康に与える影響をまとめていきます。

何の気兼ねもなくコーヒーを楽しんでほしいので、ぜひ最後までご覧ください。

【真実】コーヒーは健康に悪いの?

コーヒー 健康に悪い

そもそもコーヒを飲むことは健康に悪影響を及ぼすのでしょうか。

この問題の正解を導ためにまずはコーヒーが含んでいる成分に注目してみましょう。

突然ですが、、

とし
とし
コーヒーに含まれている成分と言えば?

そうです。カフェインです。

カフェインには神経を覚醒させる作用があります。

さらに過剰に摂取することで、体質にもよりますが不眠症・吐き気・精神不安定などを引き起こしてしまう可能性が!

これはよくエナジードリンクの飲みすぎでも同じことが言われています。

ではコーヒーが健康に悪いのかというと実際は真逆です。

さっきの症状はあくまでも取りすぎた場合です。

しかし、過剰摂取さえ避ければコーヒーは大きな健康効果を持っています。

そこで次はコーヒーが含む三大有効成分

  • カフェイン
  • ポリフェノール
  • トリゴネリン

からそれぞれ得られる健康効果をお教えします!

コーヒーは体にいい!健康に与えるプラスの影響

コーヒー 健康に悪い

ではそれぞれの健康効果を紹介していきます。

これ知っちゃうとコーヒー毎日飲みたくなること間違いなしです。

カフェイン

先ほど過剰摂取すると良くないよっていう話をしました。

しかしカフェインほど正しく摂取すれば体に良い影響を与えるものはありません。

  • 皮膚がんの予防
  • 肌の炎症を抑える
  • 脂肪の燃焼を助ける

これらはすべてカフェインが持つ健康効果です。

Pick Up皮膚がんの予防

アメリカ、ハーバード大学医学部が米医学誌「Cancer Research」での研究報告によると、カフェインを摂取しているグループはそうでないグループに比べて皮膚がんのリスクが下がったそう。

これはコーヒーだけでなくチョコレートや紅茶などでも同様の結果が出ています。

男女で差はありますが、平均して15%も皮膚がんにかかるリスクが減少しているのは驚きです。

他にも抗炎症作用や脂肪の燃焼を促進させる効果もあります。

とし
とし
カフェインは取り方が大事ってことです!

ポリフェノール

コーヒーには「コーヒーポリフェノール」というクロロゲン酸が含まれています。

このクロロゲン酸にはパーキンソン病の予防や高血圧、糖尿病のリスクを軽減させる効果があることがわかっています。

さらにクロロゲン酸とカフェインの相乗効果によってさらに健康効果を生み出しています。

まず「抗酸化作用」によってしみやしわなど、老化の原因となる活性酸素を抑える効果が期待できます。

加えて、クロロゲン酸は自律神経に働きます。

食欲に関係する交感神経に働くことで、脳から送られる指令によって中性脂肪の分解を助けます。

また、副交感神経にも働くので血圧を下げたり、食後の血糖値の上昇を抑えたりもします。

食後のコーヒーは健康面でも理にかなっているということです!

そしてコーヒーはワインと同レベルのポリフェノール含有量であるため、効率的にポリフェノールを取ることも可能です。

トリゴネリン

元々は生豆に含まれているトリゴネリンですが、加熱すると「ニコチン酸」と「NMP」という成分に分かれ変化します。

ニコチン酸にはストレスによる脂肪の増加を防ぐ、糖尿病・高血圧などの改善効果が実証されているアディポネクチンの分泌を促進させ血液をサラサラにする効果があります。

一方のNMPには副交感神経に作用してストレスを軽減したり、血圧を下げたりする効果もあるようです。

たしかにコーヒーで一服するととてもリラックスできますよね。

 

コーヒーは死亡率さえも低下させる!?

 

国立がん研究センターの報告によると、一日当たりで一杯もコーヒーを飲まない人に比べて、コーヒーを飲んでいる人の方が心疾患などで死亡するリスクが減少することがわかりました。

ただし一日4杯までは反比例で下がっていきますが、5杯以上になると逆に上がっていく傾向が見られるようです。

一日4杯までに留めておくのがよさそうですね。

とし
とし
僕の場合、朝・昼・夜のご飯後に一杯ずつ飲むのが定番です。

コーヒーが健康に悪いは言い過ぎ!飲むメリットが多い

コーヒー 健康に悪い

最後にコーヒーを飲むことによって得られる効果をまとめておきます。

  • ストレス低下
  • 血をさらさらに
  • しみ、しわを防ぐ
  • ダイエットに効果的
  • 皮膚がんのリスクが軽減

これだけの効果があります。

過剰摂取だけは避けるようにして、一日コーヒーは4杯程度にとどめておきましょう。

もちろん寝る前に取るのもNGです。

多くの健康効果が見込めるよう、正しくコーヒーを摂取しましょう!