コーヒーの基礎知識

【知らないと損しちゃう】コーヒー豆にもグレードがあるんです

お肉で例えるなら、豚肉と松阪牛(牛肉)

魚で例えるなら、マグロの赤身と中トロ

このようにコーヒー豆の中でも品質の良い豆と悪い豆があります。

グレードによって飲まれ方・値段がかなり変化しますし、コーヒー豆の品質の違いを知っているだけで豆を購入する時にも役立ちます

そこで本記事ではコーヒー豆のグレード分けとその基準、おすすめのコーヒー豆も紹介します。

スーパーでよく見かけるあのインスタントコーヒーのグレードは、、、

それでは参りましょう。

コーヒー豆のグレードとは

コーヒー豆のグレードは一般に4つに分類されます。

コーヒー グレード

品質の高いモノから順に

  1. スペシャルティコーヒー
  2. プレミアムコーヒー
  3. コモディティコーヒー(コマーシャルコーヒー)
  4. ローグレードコーヒー

となります。

これらは一定の基準があって分かれているんです。

そのポイントとなっているのがトレーサビリティと流通量

それぞれを詳しく紹介していきます。

ローグレードコーヒー

コーヒーを4つに区別した時に最も品質が低いとされるコーヒー豆のこと。

大量に生産されるのが特徴で、加工されることを見越して生産されている豆です。

そのためインスタントコーヒーや缶・ペットボトル飲料に使用されることが多いです。

しかし、近年ローグレードコーヒーのレベルは上がっていて決して美味しくない訳ではありません。

僕も時間がない時によくインスタントコーヒーにお世話になってます。

コモディティコーヒー

品質が1段階上がるとコモディティコーヒーと呼ばれます。

ローグレードコーヒーと同様に、希少性が低く市場に多く出回っている豆のこと。

冒頭で書いた、スーパーで市販されているインスタントコーヒーはこのコモディティコーヒーであることが多いです。

取引価格は国際市場であるニューヨークの相場で決まります。

プレミアムコーヒー

上から2番目のプレミアムコーヒーはコモディティコーヒーに何らかの付加価値が付いた豆のこと。

つまり、その豆が生産された場所(農園)や豆質がきちんと特定できるものを指します。

近年では最高品質のスペシャルティコーヒーとの差が小さく、品質も上がっているようです。

スペシャルティコーヒー

最後に、最も品質が高いスペシャルティコーヒー

実はスペシャルティコーヒーと認定されるためのハッキリとした評価ライン・基準は存在しません。

しかし、いくつかの条件はあります。次に紹介します。

最高グレード:スペシャルティコーヒーとは

コーヒー グレード

先ほども言った通りスペシャルティコーヒーにはいくつかの条件があります。

クリアしなければならない条件はこの3つ。

  1. 欠点豆の混入が少ない
  2. カッピングスコアが高い
  3. トレーサビリティが明確である

この条件を課して審査しているのが、SCA(スペシャルティコーヒー協会)と呼ばれる機関です。

欠点豆の混入が少ない

コーヒー豆の中には良質な豆と欠陥のある豆(欠点豆)があり、欠点豆が混ざってしまうとコーヒーの風味が損なわれてしまいます。

当然、欠点豆の混入が少なく風味が豊かなことが、スペシャルティコーヒーに求められます。

カッピングスコアが高い

カッピングとは、プロが行うコーヒーの味を審査するためのテイスティング方法を指します。

このカッピングで付けられるカッピングスコアは、SCAでは80点、日本のSCAとされるSCAJでは80点以上が基準です。

こちらに記事でよりカッピングについて深堀しているのでぜひご覧ください。
【プロが行う味の審査】コーヒーのカッピングとは

トレーサビリティが明確である

トレーサビリティとは、生産過程の記録のこと。

つまりそのコーヒーの生産国や農園、いつ収穫されたか、どのように精製されたかが明らかであるものが、トレーサビリティが明確であることになります。

  1. 欠点豆の混入が少ない
  2. カッピングスコアが高い
  3. トレーサビリティが明確である

この3つの条件を満たしているのがスペシャルティコーヒーです。

この他には、その豆独特の個性なども評価対象となっています。

とし
とし
庶民の僕はもっぱらコマーシャルコーヒーですね(笑)

おすすめのスペシャルティコーヒー

最高品質のコーヒー豆、スペシャルティコーヒーの概念がわかったところで、その中のおすすめのコーヒー豆をご紹介します!

  1. ブルーマウンテン
  2. マンデリン
  3. グアテマラ

銘柄のみの紹介なので、カフェや通販で注文するときの参考に。
完全に個人的な好みなので、良かったらお試しあれ。

①ブルーマウンテン

フルーティーな酸味が最大の特徴。

甘酸っぱい香りとさわやかで上品な後味もあるため、とにかくすっきり飲めます。

有名な銘柄なのでご存じの方も多いのでは?

②マンデリン

インドネシア独自の製法で栽培され、作られたマンデリン。

酸味は少なめで苦味がどっしりとくる感じです。

酸味よりもコーヒーの苦味が好きな方におすすめ。
食後にコーヒーでお口直ししたい時にぴったりです。

③グアテマラ

深いコクと甘味がポイントです。

香りも甘い風味で、コーヒー全体でやわらかい印象があります。

コーヒーの甘味を楽しみたい人に特におすすめの銘柄ですよ。

コーヒー豆のグレードを意識してみよう

コーヒー グレード

今回はコーヒー豆のグレードを解説してみました。

ちなみに、みなさんがカフェでよく見かける『ブラジル』『コロンビア』などの銘柄は、スペシャルティコーヒーであることが多いです。

とし
とし
お、これはスペシャルティコーヒーだったなあ…

と感じられれば味もより美味しく感じられるはず。

コーヒーを飲む機会があったら、ぜひ4つのグレードを意識して飲んでみてください!